【介護福祉士国家試験】過去問題集の選び方とおすすめ本3選

キャリアアップ
記事内にプロモーションが含まれています。

介護福祉士国家試験の出題傾向は、ある程度決まっており、毎年似たような問題が出題される傾向にあります。

過去問にしっかりと取り組めば、出題傾向を把握できるため、試験本番で高得点を獲得できる可能性が高まります。

この記事では、過去問題集の選び方のポイントとおすすめの過去問題集を紹介します。

スポンサーリンク

過去問題集の選び方

過去問題集には「〇〇年に出題された問題」として、いつまでも同じ問題が掲載されます。

だからといって、市販されている過去問題集はどれも同じではありません。

ここでは、介護福祉士の過去問題集を選ぶポイントを紹介します。

最新版を購入する

1つ目のポイントは、受験年度に発売される最新版を購入することです。

介護福祉士国家試験では、介護保険法をはじめとした法律や制度に関する問題が出題されます。とくに介護保険法は、3年ごとに改正されるため、それにともない試験内容も変更されます。

最新版ではない問題集で勉強を進めてしまうと、誤った知識の定着につながります。購入時には、対応年度を必ず確認して、最新版を選びましょう。

解説がしっかりしているものを選ぶ

過去問を解いて間違えた場合、なぜ間違えたのかを理解することが知識の定着につながります。

そのため、過去問題集を選ぶ際には、解説の内容が充実しているものを選びましょう。

ポイントは、表や図、絵を使ってわかりやすく解説されている問題集です。

解説の内容が充実しているものであれば、間違えた問題の原因を理解し、復習を効率的に行うことができるでしょう。

おすすめの過去問題集3選

介護福祉士国家試験に合格するためにおすすめの過去問題集を紹介していきます。

中央法規「介護福祉士国家試験過去問解説集2024」

直近3年分、計375問の試験問題が掲載された過去問題集です。

正しい選択肢には、正しい理由やその根拠のほか、+αとして覚えておくべき内容まで記載されています。

また、誤りの選択肢には、なぜ誤りなのかがわかるよう詳しく解説されているので、根拠を理解しながら学習を進められます。

中央法規「介護福祉士国家試験過去問解説集2024」

TAC出版「2024年版 みんなが欲しかった! 介護福祉士の過去問題集」

この問題集には、第24回〜第34回の過去問から厳選した494問が掲載されています。

過去問を頻出度、難易度からA、B、Cの3段階の重要度に分類し、学習状況に応じた使い方ができるのが特徴です。

出題頻度や難易度の高い問題を集中的に勉強できるので、効率よく学習が進みます。

TAC出版「2024年版 みんなが欲しかった! 介護福祉士の過去問題集」

翔泳社『福祉教科書 介護福祉士 完全合格過去&模擬問題集 2024年版」

この問題集は、8年以上の過去問を分析し、よく出る問題を厳選して掲載しているのが特徴です。どの項目を重点的に勉強するべきかがわかりやすいので、効率的に勉強することができるでしょう。

また、マルバツ式の問題集ではなく、本試験と同様の5択式の問題集のため、試験対策にも効果的です。購入者特典として、過去4年分の試験問題と模擬問題が付いています。

翔泳社『福祉教科書 介護福祉士 完全合格過去&模擬問題集 2024年版」

今回は、介護福祉士国家試験の過去問題集の選び方とおすすめの本を紹介しました。

介護福祉士の国家試験対策として、過去問は非常におすすめです。過去問を解くことで、試験の出題傾向や問題形式を把握することができ、試験本番で力を発揮しやすくなります。

過去問題集を選ぶ際には、今回ご紹介した内容を参考に、ご自分に合ったものを選んでください。そして、過去問題集をしっかりと活用し、効率的に学習を進めましょう。

中谷ミホ

介護福祉士、相談員、ケアマネジャーとして介護現場で20年活躍。
現在はライターとして、介護業界での経験を活かし、介護・福祉に関わる記事を多く執筆しています。
保有資格:介護福祉士/ケアマネジャー/社会福祉士/保育士/福祉住環境コーディネーター3級

中谷ミホをフォローする
キャリアアップ
スポンサーリンク
福祉のキャリアマガジン

コメント

タイトルとURLをコピーしました